bioshockの実況Part36を投稿しました

~投稿しました・・・って、投稿したのは、12時間前ですね。

プレイ中、壮大な迷子になり、かなり多数のカットを入れたために、

編集疲れ。

今の今まで、ちょっと力尽きていました(笑)!

今回は、前回の続きの素材集めをしました。

フォンテインの台詞が、かなり素敵ですね。

なんというか、機知に富んでいる?ような感じというか・・・なんというか・・・!

英文でもみてみたくなります。

(どのように表現されているのかが気になります♪)

bioshockの実況Part36はこちらからどうぞ。

 

さあ、フェロモン残り1つを拾ったなら、

追いかけっこが再スタートされます!

フォンテイン、待っててね!!!

 

LINEで送る
Pocket

bioshockの実況Part36を投稿しました” への2件のコメント

  1. フォンテインはスーチョンのテープで死んだことになってて
    アトラスになりすまして、主人公を送り込むまで考えてのことだから
    相当、頭はひねくれてるんだろうねー

    埋め込まれた記憶って言ってたけどフラッシュバックで
    仮想の両親や、農場?が出てくるからそんな感じの記憶なんだろうね

    • うはひふさん、こんばんは(^o^)/

      フォンテイン!そうですね!!自分が死んだことにするって、ミステリーのような展開なのでビックリでした。
      頭がきれて、そして、ひねくれているんですね。
      フォンテインの憎まれ口が今回もすごかったですw

      あの記憶はフォンテインが埋め込んだものということなのですね。

      埋め込まれた記憶(仮想の両親や農場)・・・って、(真実を知らなければ)ちょっとうらやましい気もしますね。
      幸せな記憶の埋め込みってなんだかフォンテイン、良い人なのかな?と思ってしまいそうです(笑)。
      (フォンテインの作り話、モイラやパトリックのストーリーを主人公の記憶に埋め込んだりしても良かったってことですよね・・・これでも、自然な流れが作れそうな気がします。)

      ありがとうございますo(*^▽^*)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。