ホラー映画を10秒で投げた話

数年前の夏、友人7人ぐらいが集まり、家でホラー映画をみることになりました。

 

選ばれた映画は”着信あり”

 

柴崎コウが美人だから大丈夫。

友達が7人も一緒に観るから大丈夫。

 

だと、思っていました。

観るまでは・・・。

 

もうまハウス

 

開始数分(数秒?)の居酒屋シーンで、「無理~~~!」

と、本気でガクブルしてしまい、1人リタイヤ。

 

その日は、別室で、時代劇のDVDを観ました・・・1人で

(゚ー゚;Aアセアセ

 

後日、その時の友達は、

「みんな目が点になってたよ」

( ゜.゜) ポカーン

・・・と、言いました。

 

・・・

・・・

・・・

 

 

おねえさん

 

 

 

 

ところで、

ホラーゲーム(OutLast)をクリアすることが出来たので、

+(*゜∀゜*)+・

 

今なら、ホラー映画(日本)、観れるかな?

 

 

 

 

・・・。

・・・・・・。

無理かも・・・・・・^^;

 

現在、零をゆったりペースでプレイ中ですが、いまいち・・・いまひとつ・・・和風ホラーに耐性がついた感じがなかったりします。。。。

(毎度、かなり怖さを味わっています・・!)

和風のじんわりくる怖さ

 

和風ホラーの(微妙にぶれたりする)カメラワーク(表現できないけれど、とにかくすごく怖い)音のコンボからくるジワジワ系の恐怖。

あの居酒屋シーンは、今思い返してみても・・・忘れかけているけれど・・・やはり怖そう・・・な気がします。

(↑熱く語ったわりには開始10秒で離脱したので、和風ホラー映画のことは、実は全くわかっていません・・・www)

 

これらにプラスして・・・

ゲームは、ムービーが始まったり敵が襲ってこない限りは自分のペースで進められるけれど、映画は待ってくれない。

その辺りのことも考えると・・・・・・やっぱりホラー映画は無理かも・・・・・・

 

..((((=・o・)ノ コ待って~~~♪   ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

 

 

(読んだことがないけれど、ホラー小説は・・・自分で読み進められる分、怖さが控えめだったりするのかな・・・?)

 

 

 

ホームへ戻る

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。